Tag

食事

Browsing

涙があふれてきた日(頸髄損傷 2日目)

ICU(集中治療室)で迎えた朝

とにかく身体が痛い。
手は動かないし、まともな睡眠ができない。
不安で、気持ちが滅入りそうになっていた。


水を飲んでも良いことになった

つまり緊急の手術が必要ないことを意味している。
それは水道水だったけど、とても美味しかった。
回復への一歩。一気に明るい未来が見えてきた。


一般病棟への移動→食事が解禁

手が不自由だけど、看護師のサポートは受けず、自分ひとりの力で食事をしてみる。
手の握力がないから、上手にフォークを持てない、腕が上がらない。が、これは試練だと思い、挑戦してみた。
結果、食事をすべて食べることができた。やれば何でもできる!回復への大きな一歩!


気持ちが奮い立った瞬間

入院中、たくさんのメッセージがスマホに届いていた。
ご飯を食べながら、涙が溢れてきた。
「絶対に良くなってみせる!」 そう自分に誓った。


いよいよ体拭きの時間

この日、おれのポコチンを拭きにに来たのは、熟女の2人(あれ?)
「自分で拭きたいよね?」と聞かれ「いいえ、せっかくなのでぜひお願いします!」
まだ、おれのポコチンは勃起しない。

よく聞かれること(いつも何食べてるの?)

結論

カラダにいいものを食べている。


まずは白湯から始まる

白湯で内臓が温めてから、果物(りんごやバナナ)を摂る。


基本的に無添加の食事

手製サラダチキン、ゆで卵、素焼きナッツ、生はちみつ、オーツ麦グラノーラ


調味料にもこだわる

ハーブソルト、塩麹、めんつゆなどはすべて無添加のものを使っている。
食材に気をつけていても調味料が有害なものでは本末転倒。


一番健康的な食べ方は

好きな人と笑いながら食事をする!これに限る。


最後に

基本的に外食をすることが多いので、食事に気をつけていてもプラマイゼロ!