ICU(集中治療室)で迎えた朝

とにかく身体が痛い。
手は動かないし、まともな睡眠ができない。
不安で、気持ちが滅入りそうになっていた。


水を飲んでも良いことになった

つまり緊急の手術が必要ないことを意味している。
それは水道水だったけど、とても美味しかった。
回復への一歩。一気に明るい未来が見えてきた。


一般病棟への移動→食事が解禁

手が不自由だけど、看護師のサポートは受けず、自分ひとりの力で食事をしてみる。
手の握力がないから、上手にフォークを持てない、腕が上がらない。が、これは試練だと思い、挑戦してみた。
結果、食事をすべて食べることができた。やれば何でもできる!回復への大きな一歩!


気持ちが奮い立った瞬間

入院中、たくさんのメッセージがスマホに届いていた。
ご飯を食べながら、涙が溢れてきた。
「絶対に良くなってみせる!」 そう自分に誓った。


いよいよ体拭きの時間

この日、おれのポコチンを拭きにに来たのは、熟女の2人(あれ?)
「自分で拭きたいよね?」と聞かれ「いいえ、せっかくなのでぜひお願いします!」
まだ、おれのポコチンは勃起しない。