Author

Satoru Kawamura

Browsing

結論

固定費の見直しをするだけで、年間で数万円~数十万円の節約ができる
・スマホのSIMをNVMO(格安SIM)に変更
・利用頻度の少ない会員制サービスや定期購入を解約
・各種保険を自分に合ったプランに変更
・電力会社を変更
・住む場所を変える(あるいは家賃交渉)
・NHK受信料を払わない
・車の必要性を考え直す


自分の固定費を把握してる?

まずは毎月の固定費がいくらかかっているのかを把握し、どこに無駄があるのかを確認する


通信費(スマホ)

月額1,000円のプランもあるMVNO(格安SIM)を検討する
LINE通話や、IP電話だけでいいよ、って人は毎月1,000円以内で利用できる
ちなみにおれは2011年からMVNOを利用していて、今は楽天モバイル(毎月2,000円前後)を利用している


通信費(ネット)

ネット付きの物件に住む
あまりネットを使わない人なら、テザリングでこの費用は0円になる


光熱費

電力自由化で電気の契約を変更できる


家賃

家賃は交渉できる
ちなみに、家賃が安い場所に住むと、セルフイメージが下がる危険性あり


本当に必要か考える
ガソリン代、車検代、自動車保険、駐車場代、税金、その他タイヤ、オイルなど定期的なメンテンスが必要


食費

好きなものを食べることで幸せになれるのなら、節約はせずに食べたいものを食べたほうがいい


最後に

毎月引き落とされているお金の明細を確認してほしい
実は、自分が知らない項目があったりして、知らず知らずに引き落とされている可能性がある
分からないことがあったり、詳しく知りたい人は今すぐ連絡ください!

結論

お金を銀行に預けるとお金が減る理由は、インフレでモノの価値が上がり、相対的にお金の価値が下がるから。

昔100円で買えたモノ

缶コーヒーは120円くらいするけど、昔は100円だったでしょ?
20年前の1万円と、今の1万円では買えるものに差があるのが分かる?
インフレ目標2%が30年続いた場合、1000万円は500万円の価値に半減。

なぜ貯金が損なのか

確実にインフレが進んでいくから。
モノやサービスの価格が上がると、お金の価値が下がる。

どうすればいいのか

稼いだお金をどんどん使って経済を回したり、価格以上の価値に変えていく。
ある程度まとまったお金ができたら、投資にまわす。
投資には元本割れのリスクがあるけど、銀行預金にはリスクしかない。

例えば株式投資は1万円があればできる

「株式投資はまとまったお金がないとできない」、と思っている人が多い。
ミニ株で投資を始めれば、1万円以内で大手企業の株式運用ができるので、調べるといい。

これから、3つのテーマで、好き放題に言いまくります!
自分を変えたくない人は、ぜひフォローを解除してください。

  1. あなたの役に立つこと
  2. あなたが共感できること
  3. 世のため世界のためになること

友達から人生相談や、お金の相談、健康の相談をされることが多くなってきました。
その多くは、あなたの役に立つことだと思うので、シェアします。

その内容は多くの日本人から嫌われるものだったりするけど、あなたの環境を見直すキッカケになれば嬉しいです。