Tag

自信

Browsing

車の運転ができた(頚椎損傷→退院5日目)

目標達成(もちろん助手付き)

自分が運転する車で病院に行けた!自分でもすげー!って誇りに思う。
急ハンドルができないのと、首が自由に動かせないので、超安全運転。
市内でノロノロ運転してる車を見つけたら、それはおれです。


身体の力は毎朝リセットされる

例えば、ペットボトルのキャップを開ける力がない(なんとか開けるけど)。
靴を履く力がない(なんとか履くけど)、蛇口をひねる力がない(なんとかひねるけど)。
元のようには身体は動かない。すぐに疲れて、すごく悔しい。


しばらくは、リハビリ生活

両腕の痛みが治まる可能性があるのは、最低でも3ヶ月ほどかかるといわれた。
しかも完全には治らないという。
でも、おれは治す!完全に!!


次の目標は

卓球ができるようになりたい。
1週間後の0314のイベントに参加できるように。
きっとできる。

自主退院の日(頸髄損傷 5日目)

ついに朝勃ちした!帰るぞ

入院最終日でストレスが軽減したのか、朝方おれのポコチンは膨らんでいた。
よし、元気になった証拠。おれの未来は明るい。


病院は、患者に適切な治療を施し、退院させることが目的ではないのか??

退院の際、ひとりひとりの看護師に挨拶がしたい。
が、多くの看護師は、いつものようにバタバタしていて、目さえ合わせてくれない。
最終日に担当してくれた看護師にだけ、深くお礼を言って退院。


自宅は静かでいい

自宅の布団は軽い、マットレスもフカフカで快適そのもの。
事故以降、はじめてのお風呂もなんとか入浴できる、浴槽は垢だらけ。
何より、気兼ねなく音楽を聴くことができる。音楽はおれにとって水のような存在。


腕立て伏せができるか試してみた

もちろん、できる、と思ってチャレンジした。
もちろん、できた。
もっともっと辛いことにチャレンジしてみる。


次の目標は

車の運転ができるようになりたい!
それはいつまでに? 次回、病院に行く0306までに。
今はハンドルを握る力さえないが、そんなやつが車の運転ができると思う? 答えは、絶対にできる。


お見舞いの際に「何がほしい?」とよく聞かれるので

買い物に行けないので、食べ物があると非常に喜びます(ちなみにリンゴは無限にある)。
ご飯を作ってくれる人、あるいは添い寝してやってもいいよ!という女神がいたら今すぐDMください。


損傷した脊髄神経は3,4,5,6,7

もう一度言うが、これほどまでに損傷したら、通常は胸から下は動かすことができない、とされているが、おれは動く。
それは何故なのか。答えは、自分がそう信じていたから。だからおれは絶対に元気になって、戻って来る。
心配してくれたみんな、本当にありがとう。そして、多くの人たちに迷惑をかけてごめんなさい。

あなたは何のために働いている?

結論:「生活のため」と答えたあなたは要注意! 自分を愛しているか再確認してほしい

体と心の悲鳴が聞こえない?

「家族のため、子供のため、生活のため、だから働いている!」
え、しんどくない?


「しなければならない」病

・生きるためには食べなくてはならない
・食べるためには稼がなくてはならない
・稼ぐためには働かなくてはならない


たった一度きりの人生なのに

「何のために働いているんだろう…」 そう思うなら、今すぐに環境を変えるべき!
たった一度きりの人生なのに 「生活のため」 ホントにそれでいいの?


自分が楽しめる事、誰かの役に立つ事をする

「何のために働くんだろう…」とか「何でいまの会社で働いているんだろう…」とか思っている人は、自分が楽しめる仕事を探した方がいい。それが世の中、あるいは誰かの役に立つ事だったらベスト!


やりたいことを本気でやっていないだけ

「そんなこと言っても本当に成功するの? その根拠は?」
は? すべてを捨てて、本当にやりたい事だけをやってみてから言ってくれ。


絶対的な自信を持つ

誰が何と言おうと自分を信じること(自惚れではない自信)
自分を疑っていたら、何も進まないし絶対に成功しないと言い切る!


働かなくてもお金を作れる事を知らない人が多い

不労収入の代表として例えばネットワークビジネス、MLMなど色々あるけど、それ以外でもお金を生み出す方法はいくらでもある。誰にでも出来ることなのに、その方法を知らない人が多すぎる。


行動なしでは何も得られない、何も変わらない

残念に思うのは運良くその情報を得たとしても、まず疑って行動しようとしない人も多すぎる。行動をしないと何も得られないし、何も変わることがない。


お金に対するマインドがおかしい

特に多くの日本人はお金に対するマインドがヘン! お金は「汗水たらした対価」ではなく、「与えた価値の対価」という事に気づいてほしい。


ちなみにおれは

そもそも「働く」という事が嫌いなので、いつも好きなことをしたり、友達と遊んでいる。これからスノボのシーズンなので、昨シーズン同様ほぼ毎日通うつもり。働かない、という選択肢もある。


最後に

昔は仕事をしてまとまったお金を作ったら辞めて好きなことをして遊ぶ、の繰り返しだった。その中で自分の好きなことの1つ「音楽」を作っていたら作曲家としてプロになった。結果、印税の収入を得られるようになった。誰かに音楽を届けて幸せな気分になってもらったり、感動してもらったりといった「価値」を提供できる自分になっていた。そんな才能、きっとあなたにもあるはず!だから自分がわくわくすることをしてほしい!