GoProのデータをスマホだけでGoogle Photoに自動バックアップする方法

GoProのデータをスマホだけでGoogle Photoに自動バックアップする方法

どこにも情報が載っていなかった悩みが解決できたので、シェアします。


目次

  1. 結論
  2. 目的
  3. micro SDが使えないスマホの場合は
  4. Google Photo は画像や動画を無制限に保存できる
  5. 「バックアップ中」のまま進まなかった
  6. 転送できない原因は?
  7. アプリケーションパフォーマンスクラスとは
  8. GoPro Plus(GoProのクラウドサービス)は必要ない
  9. カードリーダーだけ持って旅に出かければいい
  10. 余談:micro SDカードを入れても、スマホが認識しない場合

結論

アプリケーションパフォーマンスクラス規格に対応したmicro SDカードをスマホに入れてGoogle Photoを起動するだけ。


目的

GoProで撮影した動画データ(micro SD)を、スマホに入れて、Google Photoで自動バックアップを行いたい。

画像6

micro SDが使えないスマホの場合は

下記のようなmicro SDカードリーダーを使う。
これはUSB-C, Lightning, Micro-USBのすべてに対応している。


Google Photo は画像や動画を無制限に保存できる

無料でクラウドを使わないのはバカ。ドンドン使いまくろう!ただし、4Kや2.7Kで撮影した動画の解像度はフルHD(1080)に変換される。1080で使用する素材なら問題なし!


「バックアップ中」のまま進まなかった

海外旅行中、就寝時にスマホにmicro SDカードを入れてGoogle Photoで自動バックアップを試みたけど、なにやら1%も進んでいる様子がない。その原因はホテルのWi-Fiが遅いからだろうと思ったけど、自宅のネットワーク環境で試しても結果は同じだった。…ということは「カードが悪いのか、スマホが悪いのか」という結論に至った(PCでは問題なくバックアップが進むため)。

画像5

転送できない原因は?

色々情報を漁ったところ、どうやら「micro SDカードがアプリケーションパフォーマンスクラスに対応していないから」ではないかと思い、試してみたら正解!


アプリケーションパフォーマンスクラスとは

スマートフォンやタブレットでSDカードにインストールされたアプリケーションの実行やデータ保存を快適に行うための規格。規格は「A1」「A2」のように表される。

画像2

GoPro Plus(GoProのクラウドサービス)は必要ない

よっぽどGoProのサブスク(GoPro Plus)に登録しようと思ったけど、その必要がなくなった。4Kや、2.7Kでクラウドに動画データを保存したい人は別だけど。

画像3

カードリーダーだけ持って旅に出かければいい

「やっぱりバックアップにはPCが必要なのか」と思ったけど、諦めずに挑戦してよかった!ちなみにおれが買ったリーダーはこんなに小さい。

画像4

余談:micro SDカードを入れても、スマホが認識しない場合

設定→システム→USBホスト(OTG)をオンにする(OnePlus 6など自動的にオフになるスマホがある)。

画像7

おすすめのmicro SDカードは?

アプリケーションパフォーマンス A2 対応のこれ!

GoProが推奨しているSanDisk製のmicro SDカード。128 GBで2500円くらい(とっても安くなりましたね)。しかも防水・耐熱・耐衝撃・耐X線(いる?)で、もう無敵!気に入ったので、ドローン用にもう1枚買った


ということで、この情報が誰かの役に立てば嬉しいです。