Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

snowscape2008年 11月 7日 (金曜日) 0:24:44

LINEで送る

Flash player 7 or better is required to view this content.

ボーカル = asaco

作詞 = hiroto /asaco
作曲 = ryo /re:sign
編曲 = re:sign

(C) strike-x [2003]
擦れかけた昨日までも壊れたものを隠すみたい
揺れる木々の葉音に似た足音だけが雪に消えた

光を求め手を伸ばすから やがて闇も明けるでしょう
心溶かしてく想い溢れたら きっとまだ見れぬ夢が…
不安の端から見えた心を感じるから
一人きりじゃないって信じて…

言葉だけじゃ傷つくけど 嘆くだけじゃ伝わらない

願いたった一つだけ天(そら)に託したなら雪が固めてく絆
「粉雪(かけら)」たちを瓶に詰めて 孤独な夜を越えて
溶けてく月にすがって祈りをこめて…

「面影(かげ)」を追い求めても心が叫ぶだけ
閉ざした心を溶かしてゆこう…
re:sign (作曲・編曲・プログラミング・ギター担当)

確かfarewellと同時にryoクンから渡された曲。
「またバラード系か…」正直この手の曲は作り飽きていて、同時にアレンジしていたfarewellと曲調が似ていたのであまりヤル気が出なかったが、何度も手直しをしてオケは完成。

…しかしこの曲には悲惨なアクシデントが待っていた。
と言うのも、この曲は3ヶ月(ほぼ毎日)かけてアレンジをモクモクとやっていたが、ある日誤って全く違う曲に上書き保存してしまった過去があるから。
バックアップはマメに取っておいたけど、そういう時に限って偶然サブPCのOS入れ替えを行っていたのでバックアップも一旦全て削除してしまっていた。

まだまだ手直ししたい部分があったけど受けたショックが大きくて、それ以来関わっていない。
というか関わるのが辛い。ひとつ言えるのはオーディオデータが残っていたこと。それが唯一の救いでした。

しかし周りから「歌を入れたい」との声が幾度かあったので渋々と復旧作業を開始。正直苦しかった。
例えるなら「ファイナルファンタジーでレベルを99まで上げてその後データが消えてレベル1からやり直し」みたいな…
マヌケだ~。最終的に以前の響きを再現できて嬉しかった。


ryo (作曲・プログラミング担当)

farewellが誕生して一ヶ月後くらいに作った曲。
farewellとは違ってコードチェンジをゆったり大きくしてみた。
もともとはサビが一種類しかなかったんだけどre:signさんのアレンジの結果、サビを二種類使う事になった異色な大作。

壮大な曲に仕上がったのは良かったんだけどちょっとした事故でデータが消えてしまった。
今回ボーカルさんが歌を入れたいと要望したため改めて復旧作業に取り掛かった。
出来た音源は前回をしのぐ出来具合。さすがre:signさん。

さらに魂のボーカリストにより曲にメッセージ感が出た。こりゃいいや。


asaco (ボーカル・作詞担当)

この曲を初めて聴いたとき、自然(雪)の「繊細さ(美しさ)」と「壮大さ」というものがとてもうまく表現されていて、とにかくスケールの大きな曲だなと感じました。
そのため、歌入れの時は、その「繊細さ」と「壮大さ」という対照的なものを、いかにうまく表現していくか、ということを意識して臨みました。

曲の始めの方と、終わりに近づくにつれての、歌の表現のしかたの違いを感じてもらえればうれしいです。

■ 使用機材
JV-2080 x2 /JD-990 /SC-D70 /QS-300 /VSampler 3 /stratocaster

こちらもどうぞ!

前後の記事

« »

タグクラウド



コメント

携帯で見る?

QRコード