Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

leave sorrow2008年 11月 8日 (土曜日) 11:01:36

LINEで送る


Flash player 7 or better is required to view this content.

ボーカル = asaco

作詞 = asaco
作曲 = ryo

(C) strike-x (2003)
光射す窓にもたれ 差し込む陽を感じてる
いつまでも立ちつくして 遠い空腕を伸ばした

過去を嘆くより 朝になれば白い陽の中
今光浴びて溢れてゆくこの想い…

消えてゆく小鳥の声 響きわたる虚しさの中
過ぎてゆく季節を越え 儚き想いを抱く

そっと頬を撫でる淡い風 涙溢れてく
やがて光満ち行く道を照らすだろう…

あの遙かな日々 色褪せず 遠い記憶でも…
もう迷いは消え この空へと影放ち…

過去を嘆くより 新しい明日を信じてゆこう
今光浴びて溢れてゆくこの想い…
ryo (作曲・プログラミング担当)

悲しい感じを出そうと思い作り始めた曲。
出だしのメロディーを作ってる時は良かったんだけどサビにあたる部分を作ってみるとそこだけ優しくなってしまった。

でも曲としての統一感はあったのでそのままのメロディーを大事にして仕上げた。
でも納得のいく出来ではなかったので保留状態が続く。

歌入れが決まったため改めてアレンジし始めたけどなかなかいいのができない。
試行錯誤した結果、なんとか歌がなくても聴ける出来にはなってくれたのでさあいざレコーディング……、ていうか歌うには難し過ぎるメロディーの流れ。ボーカル泣かせの曲が出来てしまった。

2オクターブでブレスのタイミングの事を無視してるメロディーなので歌いこなすのはホントに難しい。
これを歌ってくれたボーカルさんに感謝感謝。


asaco (ボーカル・作詞担当)

この曲は…まさに驚異の曲です、いろいろなイミで…。
音域は広いし、ブレスの位置なんかも、それこそ綿密に計算しておかないと大変なコトに…。

そして何よりも、この曲の一番低い音程の発声が難しく、少しでも発声しやすい文字で…、ということで、レコーディングの真っ最中に、急遽歌詞を変更してみたり…とまぁこんな感じで、なかなかの強者っぷりを発揮しちゃってくれていました、この曲は…。

私たちの汗と涙と魂(?)がたっぷりと染み込んだ、まさに「渾身の一曲」!!

■ 使用機材
JV-2080 /SC-D70 /Super Quartet /VSampler 3

こちらもどうぞ!

前後の記事

« »

タグクラウド



コメント

携帯で見る?

QRコード