Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

バイクリニューアル2009年 11月 13日 (金曜日) 14:26:10

LINEで送る

jazz

はいドーン。
車、バイク、自転車、スケボーの中から状況に合わせて交通手段をセレクトしているマルチタレントで有名な自称実業家です。

さて、今回は世界が誇るホンダが産んだ「JAZZ」の話。

※wingrockさんからもらった最高速がなんと40km/hの原付からの乗り換えです。

というか、ミッション付のバイクは高校時代以来なので、実に10年振りくらいだな。。。

バイク屋の兄ちゃんには「止めとけ」と言われた、ハズレが多くハイリスクなヤフオクにて69,800 円のJAZZに一目惚れして、しかも40,000円に値下げ交渉して買っちゃいました。

バイクの送料は、日本一自家用車の所有率が高い群馬から、ガンの飛来数が日本一の宮城ということで17,000円。まぁ、これはしょうがない。。。

※ちなみに運送業者は格安の「アイライン」を使ったけど、ちょっとしたトラブルがあったのでもう利用することはないだろう。

ただし、バイクの状態としてウィンカーなどのいわゆる電装系がイカれているということを承知で購入したので、早速某ハヤ○カサイクルにて見積もり。

で、見積もり結果は20,000円。配線をイジるだけなのに、高くないかとボソっ。

※ちなみにハヤサカの場合は見積もりをした後、修理を依頼しないと見積もり料金が発生します。ん~、セコい!

といっても、自分では直せないことや、周りにバイクに詳しい人がいないので修理を依頼する流れに。

無事に電装系は修理完了したけど、今度は「エンジンがイカれてますよ」とのこと。

追い討ちかよ、オイ。

でも、チョット待て!
「エンジン部分がイカれている」ということは一切オークション説明に記載されていなかったどころか、説明には「エンジン始動OK・アイドリング良好・吹け上がりも良好です♪」なんてフザけたコトを記載していたため、ソッコー出品者にクレーム。

電話で抗議した結果、相手は渋々8,000円の返金に応じてくれたので、車体購入費用は実質40,000円-8,000円=32,000円ということになりました。

ただ、エンジン部分も整備するので「電装系の修理が20,000円」プラス「エンジン部分の修理が20,000円」という、合計の整備費用がなんと、4万円という超ジャンクな感じ!

納得いかないですよね、どうでしょうか。

そこで「自転車のパンク修理やらタイヤ交換やら、彼女の原付の購入やら、色々とお世話してるので安くしてくださいよ」と言ってみたら、「それとこれとは違うんでね~」なんて返されたりしてみたり。

・・・セコいな~。

そこで引かないのがおれ。
なんだかんだ、商売人根性で40,000円のところを、今だけ特価の18,880円にしてもらったってワケ。

・バッテリー交換(新品)
・ウィンカー配線修理
・メインスイッチ修理
・キャブレーター分解
・燃料フィルター取り付け

上記、今だけ特価の18,880円でよろしく!

お客さまの足元を見たらダメですよ~
ボッタクリ業者には値下げ交渉を実施してくださいね。

こちらもどうぞ!

前後の記事

« »

タグクラウド



コメント

携帯で見る?

QRコード